高額療養費制度

通常、医療費の自己負担は3割になりますが、長期の入院、
治療の場合は、3割程度の負担とは言え、費用が高額になります。
この負担の軽減となるのが、「高額療養費制度」になります。
自己負担限度額を超えた部分を、健康保険から払い戻しする制度です。

良く、医療費控除と、混合しやすいのですが、高額療養費制度と、
医療費控除は別物です。1ヶ月ごと、同じ病院、診療所などに
支払った額が一定を超えた場合に支給されるもので、
国民健康保険や、健康保険組合などの健康保険より行われるもの。
医療費控除は、所得の控除を行ってもらえるものとなるので、
税務署へ、確定申告するものになります。

この”一定の額”は、70歳未満の方と、70歳以上の場合では、
少し異なります。また、上位所得者、一般所得者、低所得者
でも自己負担限度額が異なってくるので、注意してください。

また、計算の際に気を付けたいポイントがありますので、
いくつか、紹介しておきたいと思います。

・月ごとの計算になるので、毎月1日~月末までに支払った
計算にします。月をまたいでいる場合は、別計算になります。

・1つの病院、1つの診療科ごとに計算するものとなりますので、
A病院、B病院、2つの病院に掛かった場合は、別計算です。
また、A病院の歯科、内科の2つに掛かった場合も、別に計算します。

・入院費、通院費も別計算になります。

・自由診療や、食事代などは対象外となります。

また、これ以外にも、注意するべきことがありますので、
申請の場合には、良く注意して計算すると良いでしょう。

先日、娘が歯科矯正の治療を受けることになり、全部で、
40万円の費用が必要になると分かったのですが、
特別な疾患のないケース、審美矯正になるので、自由診療扱い。
こういったケースの場合は、高額療養費制度の対象外になります。
歯科の診療については、変形などの疾患ではない場合、
自由診療扱いになることも多いので、充分に注意してください。