出産一時金

妊娠・出産は、「病気」には該当しないため、健康保険は、
適用外の診療になります。もちろん、産婦人科で出産までに
行われるさまざまな検査の中には、健康保険の使えるものもありますが、
基本的に、妊娠・出産に関するものは、全額実費になります。
そのために設けられているのが、「出産育児一時金」です。

健康保険の加入者、または、被扶養者のうち、妊娠4ヶ月以上
で出産した人は、子供一人に対して、42万円が受け取れます。
このうち3万円は、産科医療補償制度の保険料になりますが、
この3万円は、22週未満での出産の場合には適用されないため、
その場合は、42万円から3万円を引いた39万円が給付されます。

また、”子供一人”に対して、42万円となりますので、
双子であれば、42万円×2人となり、84万円が給付されます。

さらに、「付加給付」が住んでいる自治体や、勤務先の健康保険によって
付く場合があるので、こういった場合には、付加給付が、
42万円にプラスされて給付されることもあります。

この出産育児一時金についての質問で良く聞かれるのが、
死産や流産の場合です。残念ながら、死産、流産された場合も、
妊娠85日以上経過していれば、この「出産育児一時金」は受けることが出来ます。

尚、私が出産した時は、産院へ費用を全て支払ったのちに、
「出産育児一時金」が給付される仕組みになっていましたので、
出産に掛かる費用や、入院費は、一先ず現金として
持ち合わせておく必要がありましたが、現在は、この制度について、
見直しが行われたようで、2011年4月以降は、産院へ、
直接、「出産育児一時金」を使用して支払うことも出来るようになっているようです。

尚、この場合、出産に掛かる費用や入院費が、42万円を
超えた場合は差額分を産院へ支払います。
逆に42万円より安く済んだ場合には、差額分を”給付金”として
受け取ることが出来るので、産院選びも重要になってきます。