太陽光発電の都道府県の補助金

太陽光発電の導入に、興味のあると、答える人は多いです。
しかし、太陽光発電の導入=費用が高い と、いう先入観から、
興味はあるけれど、うちには導入はまだ早い、と決め付けて
考えている人も多いようです。
そんな方のサポートになるのが、”補助金制度”の活用です。
住宅用太陽光発電導入支援補助金と呼ばれる、国からの
補助金は、昨年までで受付が終了してしまっていますが、現在は、
各都道府県、市区町村、自治体ごとに補助金が受けられます。
ただし、このあたりは細かい条件もありますので、良く呼んで、
対象となるのかどうか、見極めることも必要になってきます。

例えば、東京都から受けられる太陽光導入の補助金ですが、
太陽光システムの導入だけでは、補助金が受けられません。
条件は以下になります。

■家庭の創エネ・エネルギーマネジメント促進事業

・HEMSの導入
・都内の住宅に新規で設置すること
・燃料電池、ガスエンジンコージェネレーション、蓄電池システム、
ビークル・トゥ・ホームシステム、いずれかの設置
+太陽光発電システムの導入

以上が条件になっているので、ただただ、太陽光だけ…と
言う場合には、これに当てはまらないため、助成金が受け取れないのです。

こちらは、「東京都」の太陽光発電補助金の例になりますが、
各自治体ごと、本当に細かく条件が設定されているものとなるので、
こちらでは紹介しきれません。

これに関しては、都道府県、市区町村別の太陽光発電導入
に関する補助金を検索出来るサイトがありますので、
そちらを良く見て、ご自身のお住まいの地域では、
どのような条件で、どのような補助金が受けられるのかを、
確認してみてください。

導入にあたって、こういった補助金の申請はややこしく、
面倒に感じるかも知れませんが、利用しない手はありません。
このあたり、業者さんも詳しく知っているところだと思いますので、
実際に、こういった補助金についても、訪ねてみるとよいでしょう。